このページの短縮URL(リンク用) 第02章:クエリの基本1 – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第02章:クエリの基本1

[第02章:クエリの基本1]の学習内容です。

§02-01…テーブルのリンク登録

(1) これからAccessを使いExcelで作成したリスト/テーブルを分析します。Accessファイル「dbf-01-01」に分析方法(つまりクエリ)を登録するつもりです。 「dbf-01-01」を開いてください。 (...

§02-02…分析方法の登録・クエリの作成:文字列で抽出

(1) 「『T受注結果』から[メーカー]が『HERT』であるレコードだけを抽出せよ」という命令・要求(クエリ)を登録/保存します。このような「リストの分析手法を登録した情報・命令」「リストをどう分析するか、についての情報...

§02-03…クエリ オブジェクトを保存しておく

(1) この分析・抽出方法は保存しておくことができます(クエリ)。あとで再び分析しなおさせることができるのです(分析の再要求)。【ファイル】[名前を付けて保存][オブジェクトに名前を付けて保存][名前を付けて保存]をクリ...

§02-04…分析元Excelファイルの更新とクエリの再実行

(1) Excelファイル「E商品受注リスト」を開いて、レコードを1件追加してください。追加後は上書き保存してExcelは終了します。 (2) Accessファイル「dbf-01-01」のナビゲーションウィンドウから、 ...

§02-05…クエリの作成:数値で抽出

(1) 今度は「[価格]が『63,000』のレコードを抽出する」クエリを登録・作成します。【作成】タブから[クエリデザイン]をクリックしてください。 (2) 「T受注結果」を指定して[追加]してください。追加後はこのボッ...

§02-06…クエリの作成:日付・時刻で抽出

(1) 「T受注結果」から[受注日]が「2009/4/16」であるレコードを抽出した結果を表示するクエリを作成する予定です。クエリの作成を開始してください。「T受注結果」を分析元リストとして登録します。また[受注日]を抽...

§02-07…絞り込み1・AND条件で抽出

(1) 「T受注結果」から[商品分類]が「ノートパソコン」であり、『かつ』[メーカー]が「THOM」であるレコードを抽出させるクエリを作成する予定です。新しいクエリを作成して、「T受注結果」を分析元リストとして登録します...

§02-08…絞り込み2・抽出結果からさらに抽出(クエリからクエリを作成)

(1) 今度は「HERT」に関する受注情報の中で、[担当]が「野沢」であるレコードを抽出します。すでに「HERT」のレコードだけを抽出する命令「Q受注-HERT」を作成済みなので今回はこれを利用する予定です。新しいクエリ...

§02-09…OR条件で抽出1

(1) 今度はOR条件抽出をするクエリを作成します。「ノートパソコン」『または』「THOM」であるレコードを抽出させます。OR条件にするには、使用する[抽出条件]行を変えて条件を指定するのです。「THOM」は2行目に入力...

§02-10…OR条件で抽出2

(1) 今度は[商品分類]が「ノートパソコン」か「カラープリンタ」であるレコードを抽出させるクエリを作成します。抽出対象フィールドには[商品分類]を指定します。条件1行目には「ノートパソコン」、2行目には「カラープリンタ...

§02-11…タブの利用とオブジェクトの削除

(1) 複数のオブジェクト(テーブル,クエリ)を開いていると、その開いているオブジェクトの一覧がタブで表示されます。これから「Q受注-090416」を手前に表示させてみますが、開いているのに見えない場合はタブ一覧左の[前...

§02-12…クエリの基本1-まとめ

分析元リストを「テーブル」と呼びます。テーブルに対して、抽出などの分析要求をする機能・命令を「クエリ」と呼びます。クエリは保存しておき、あとで再実行できます。 Excelで作成したリストをテーブルとして認識させ、Acce...