このページの短縮URL(リンク用) §02-12…クエリの基本1-まとめ – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§02-12…クエリの基本1-まとめ

  • 分析元リストを「テーブル」と呼びます。テーブルに対して、抽出などの分析要求をする機能・命令を「クエリ」と呼びます。クエリは保存しておき、あとで再実行できます。
  • Excelで作成したリストをテーブルとして認識させ、Accessで分析することができます。
  • Excelで作成したリストを「リンク」の形式で認識させました。こうするとExcel側のデータに変更があれば、Accessの分析結果にも反映されるのです。ExcelファイルをAccessから閲覧していることになります。
  • クエリを実行するには[実行][表示]を使うか、ナビゲーションウィンドウのクエリ名をダブルクリックします。
  • クエリにおいて、分析方法は「デザインビュー」で設定・指定します。分析結果は「データシートビュー」で確認します。
  • 抽出クエリを作成する際には、まず「*」を設置し、そのあと抽出フィールド・条件値の指定をするのです。
  • 抽出値のタイプとしては「文字」「数値」「日付/時刻」の3パターンがあります。
  • 「文字」抽出をする際には、条件が「”」で囲まれます。囲まれない場合は自分で入力します。
  • 「日付/時刻」抽出をする際には、条件が「#」で囲まれます。
  • AND条件による抽出をする際は、条件を同じ行に設定します。
  • OR条件による抽出をする際は、条件を異なる行に設定します。