このページの短縮URL(リンク用) §05-03…内部結合時の注意・主テーブル・主キーのルール – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§05-03…内部結合時の注意・主テーブル・主キーのルール

(1) 基準表と対応表(マスター・主テーブル)を関連付けてひとつにまとめるのがリレーションシップ・内部結合の効果ですが、対応表(マスター)内にある、もう一方のリストと対応付けをするフィールドには、重複値が入ってはいけません。たとえば[間取りコード]が「3」のレコードが2件あってはいけないのです。同じ[間取りコード]が存在しないようにする必要があります。この、マスター・主テーブル側の重複値がない共通フィールドを「主キー」と呼びます。

(2) なお基準表(関連テーブル)と対応表(マスター・主テーブル)との共通のフィールドで使われているそれぞれの値は、両方で共通していなければいけません。そうでなければ、対応付けがなされないからです。実際に内部結合をする際にはこれらのことに気を付けてください。