このページの短縮URL(リンク用) §06-05…アイテムのレコード数(件数) – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§06-05…アイテムのレコード数(件数)

(1)「Q家賃リスト」内で、各棟はそれぞれ何レコードあるのかを調べるクエリを作成します。レコード数を調べる際にはアイテムリストを出したあとに、集計用に適当なフィールドをセットします(何でもよい)。さらにそこの[集計]行で「カウント」を指定するのです。「部屋番号」でやってみましょう。

(2)レコード数を調べる際には、どのフィールドをカウント用に使ってもよいのです。最後にカウント用のフィールドの名前を「部屋数」にしてクエリを実行してください。

(3)「Q家賃リスト」において、各棟は何件あるのかが調べられました。このクエリは
「Q部屋数-棟別」という名前で保存しましょう。

(4)続けて「Q家賃リスト」における各[間取り]のレコード数を調べるクエリを作成し、実行してください。カウント用のフィールド名は「部屋数」とします。

(5)各間取りは何件あるのかが調べられました。このクエリは「Q部屋数-間取り別」という名前で保存してください。