このページの短縮URL(リンク用) 第01章:Accessでテーブルを作成する – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第01章:Accessでテーブルを作成する

[第01章:Accessでテーブルを作成する]の学習内容です。

§01-01…ExcelでなくAccessでテーブルを作成するメリット

これまではExcelを使って分析元となるリストを用意し、それをAccessで分析していました。ExcelファイルをAccessでリンクし、分析していたのです。 この方法でも分析・集計が可能ですが、データに変更・追加があっ...

§01-02…Accessテーブルの作成手順

≪Excel≫でテーブルを作成した際には、 セルA1からワークシートに直接入力 名前を付けて保存 だけで完了しました。≪Access≫の場合は、 利用する[フィールド](列・項目)の名前を決定 フィールドの[データ型]を...

§01-03…Accessでテーブルを作成する

これからAccessで以下のようなテーブルを作成します。Accessで作成すれば [社員番号][年齢][交通費]欄には「数値」しか入力できないよう設定することができます。また[入社日]には「日付」しか入力できないよう設定...

§01-04…主キーの設定

(1)Accessテーブルでは利用する前に[主キー]とするフィールドを指定する必要があります。「主キー」とは重複する値が出現しない、レコードを特定することができるフィールド(項目)です。[社員番号]には重複レコードが存在...

§01-05…データシートビューでレコードを入力する

(1)[表示]ボタンを押すと、データ入力用のモード・「データシートビュー」に切り替わります。クリックしましょう(現在は設計用の「デザインビュー」)。 (2)データ入力用の「データシートビュー」に切り替わりました。左上のセ...

§01-06…データ型のテスト

(1)2件目の[社員番号]に「a」と入力してみましょう。このフィールドは「数値型」なので「文字・テキスト」データは入力できないはずです。 (2)エラーメッセージが表示されます。{Esc}キーを押すと今の入力がキャンセルさ...

§01-07…データシートビューから使用フィールドを追加する

(1)「T社員マスター」を開きなおし、[入社日]の右に[交通費]フィールドを追加します。デザインビューからではなくデータシートビューからもフィールドの追加が可能です。[クリックして追加]から「数値」型のフィールドを追加し...

§01-08…データシートビューでデザインの変更をさせない

(1)[クリックして追加]があると、そこにデータを入力できてしまいます。間違って意味のない列を作ることがないように、これを非表示にします。【ファイル】から[オプション]をクリックしてください。 (2)[現在のデータベース...

§01-09…レコードの追加

(1)3件目のレコードを追加します。追加する際には最終行に直接打ち込んでもよいのですが画面下部にある[新しい(空の)レコード]ボタン( )も使えます。 (2)3件目に以下のようなレコードを入力してください(必要に応じて列...

§01-10…ふりがな入力支援の設定

(1)現在「T社員マスター」にレコードを追加するときには[氏名][ふりがな]両方に入力しなければなりません。Accessテーブルでは[氏名]に入力したら自動的に[ふりがな]が登録されるよう設定できます。閉じた「T社員マス...

§01-11…テーブルデザインの変更・追加と入力モード

(1)「T社員マスター」をデザインビューで表示させておきます。このテーブルに「所属」フィールドを「短いテキスト」で追加する設定をしてください。さてここには「イースト」のようにカタカナのみを入力させる予定です。このフィール...

§01-12…Accessでテーブルを作成する-まとめ

Accessでテーブルを作成することには「データシートからレコードの編集ができる」「強力な入力規則を設定できる」などのメリットがあります。 行を特定するために使用する、重複値が存在しないフィールドが「主キー」です。 Ac...

§01-13…基本データ型一覧(参考資料)

データ型 解説 短いテキスト 計算対象にならないデータ。文字データ。 数値型 数値演算の対象とすることができる。数値のみ。 日付/時刻型 日付や時刻の演算の対象になる。日付か時刻のみ。