このページの短縮URL(リンク用) 第03章:リレーションシップとテーブル – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第03章:リレーションシップとテーブル

[第03章:リレーションシップとテーブル]の学習内容です。

§03-01…リレーションシップとテーブル-準備

(1)新しいデータベースファイル「dbf-02-03」を作成してください。またその中に以下のようなテーブル「T分類マスター」を作成してください。なお[クリックして追加]が表示されないようにします。データ型には適切なものを...

§03-02…リレーションシップを利用した入力可能なクエリ1(基本形)

(1)これから「T商品マスター」への入力をします。ただし[分類CD]を入力したら[分類名]も表示されるように設定します。入力時にわかりやすくするためです。[分類名]は「T分類マスター」で定義されています。入力対象である「...

§03-03…リレーションシップを利用した入力可能なクエリ2(連番の省略)

(1)次は「T売上管理」へデータを蓄積させるクエリを作成します。ただし「T商品マスター」から割り出した「商品名」と「単価」とを同時表示させます。新しいクエリの作成を開始し「T売上管理」と「T商品マスター」を利用する設定を...

§03-04…郵便番号の処理・住所入力支援

(1)上記のような[顧客CD]に関しての定義をするテーブル(マスター)を作成します。新しいテーブルの作成を開始してください。 (2)[顧客CD]を「数値型」、[顧客名]を「短いテキスト」で登録してください。次に[郵便番号...

§03-05…入力規則

(1)「T売上管理」の[数量欄]に注目します。ここには「5以上」の数値のみを入力可能にして、それより小さい値が入力できないよう設定してみます。[入力規則]を使うと指定値以外は入力できないよう設定できるのです。デザインビュ...

§03-06…既定値の設定

(1)新しいレコードを追加する際に、最初から[商品値引額]欄に「500」が入力された状態となるよう設定します。[既定値]を使います。「T売上管理」をデザインビューにし、「商品値引額」の[既定値]を「500」にします。設定...

§03-07…Yes/No型の既定値

(1)新しいレコードを追加する際に[送料無料]欄に最初からチェックが入っているよう設定します。これも[既定値]を使います。「T売上管理」をデザインビューにし、[送料無料]の[既定値]欄に「Yes」を使います。こうすると最...

§03-08…Yes/No型の抽出

(1)「Q売上入力01」に注目します。この中から[送料無料]にチェックが付いているレコードだけを抽出させるクエリを作成します。「Q売上入力01」を分析する新しいクエリの作成を開始してください。 (2)「Q売上入力01」の...

§03-09…リレーションシップとテーブル-まとめ

リレーションシップを使った参照用のフィールドを同時表示させるクエリを作成する場合には、元になるテーブル(関連テーブル)のすべてのフィールドを含めるようにします。ただしオートナンバー型のフィールドは省略可能です。 「入力規...