このページの短縮URL(リンク用) 第07章:データのインポート・エクスポートとウィザード – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第07章:データのインポート・エクスポートとウィザード

[第07章:データのインポート・エクスポートとウィザード]の学習内容です。

§07-01…データのインポート・エクスポートとウィザード-準備

(1)新しいデータベースファイル「データの変換A」を作成してください。作成後は以下のようなテーブル「T顧客マスター」を作成してください。 (2)「T顧客マスター」の中で[年齢]が「35以上」のレコードだけを抽出するクエリ...

§07-02…Accessファイルからのインポート

(1)空のデータベースファイル「データの変換B」を作成してください。これからこのファイルに「データの変換A」にあるオブジェクトをコピーする予定です。他のAccessファイルのデータをコピーする場合【外部データ】タブの[A...

§07-03…テーブルに他のリストのレコードを追加する1(失敗例)

(1)以下のような新しいExcelファイル「E顧客追加」を作成してください。 (Excelファイル「E顧客追加」) (2)「T顧客マスター」にExcelファイル「E顧客追加」のデータをインポート・追加します。今度はExc...

§07-04…テーブルに他のリストのレコードを追加する2(注意点)

(1)インポートによりレコードの追加をするならば両方のフィールド名が同じでなければなりません。しかしExcelファイル「E顧客追加」の先頭フィールドは「顧客番号」となっています。「T顧客マスター」の先頭フィールド「顧客C...

§07-05…[コピー/貼り付け]でインポート

(1)「E顧客追加」にシートを追加し(Sheet2)、セルA1以下に追加データを入力しましょう。このレコードを[コピー/貼り付け]を使って「データの変換B」内の「T顧客マスター」にコピーします。その際は「項目名・フィール...

§07-06…テーブル/クエリをExcelファイルへエクスポートする

(1)今度はクエリ「Q35以上」をExcelファイルに変換して保存します。他のファイルに変換して保存する操作が「エクスポート」です。「Q35以上」を指定してからExcelファイルへのエクスポートを開始してください。 (2...

§07-07…レポートウィザード

(1)フォームやレポートを作成するときには「デザインビュー」や「レイアウトビュー」、「プロパティシート」「ページ設定」を使って、「単票形式」「表形式」の指定をしました。ここで学習する「ウィザード」を使うと、ある程度までの...

§07-08…フォームウィザード

(1)フォームもウィザードを使えばある程度のところまでが簡単に作成できます。ウィザードを実行してください。 (2)「Q35以上」のすべてのフィールドを使うよう設定してください。 (3)「単票形式」のフォームを作成するよう...

§07-09…単票フォームを帳票フォームに変える

(1)「単票フォーム」は、1画面に1レコードしか表示されません。これをできる限りのレコードが表示される形式、「帳票フォーム」に変更します。フォーム全体のプロパティシートから【書式】タブにある[既定のビュー]を「帳票フォー...

§07-10…データのインポート・エクスポートとウィザード-まとめ

「インポート」を使えば、作成済みのファイル・オブジェクトを新しいデータベースファイルへ流用することができます。 「エクスポート」を使えば、AccessのテーブルやクエリにあるデータをExcelなど他のソフトで利用できるよ...