このページの短縮URL(リンク用) §05-11…主部と明細部に連鎖削除のリレーションシップを設定する – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§05-11…主部と明細部に連鎖削除のリレーションシップを設定する

(1)主部(メインフォーム)からレコードを削除したら明細部(サブフォーム)のレコードも同時に削除されるようにするには、リレーションシップのオプションである[連鎖削除]を設定すればよいのです。すべてのオブジェクトを保存してから閉じ【データベースツール】タブの[リレーションシップ]をクリックします。

(2)「T伝票A主部」と「T伝票B明細部」を連結させます。

(3)[伝票番号]同士を連結します。

(4)[参照整合性][レコードの連鎖削除]にチェックを入れます。同時に[フィールドの連鎖更新]にもチェックを入れておきましょう。設定後はリレーションシップを[作成]します。

(5)これでメインフォームから伝票を削除すれば、その伝票番号を持つレコードが明細部からも同時に削除されるようになります。リレーションシップウィンドウは閉じましょう。