このページの短縮URL(リンク用) §05-13…正規化4・サブフォームの活用-まとめ – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§05-13…正規化4・サブフォームの活用-まとめ

  • 矛盾なくデータベースを管理するためにテーブルを分割する作業を「正規化」と言います。
  • 伝票に主部と明細部がある場合、これらを別のテーブルとします。
  • 明細部には、主部の主キーと、通し番号(オートナンバー)を追加します。
  • 伝票と同じ形式でAccessフォームを作成する場合には、主部を単票フォーム明細部を表形式のフォームにします。
  • そのあと、主部の単票フォーム内に、明細部の表フォームを埋め込みます。埋め込まれた側の明細フォームを、「サブフォーム」と言います。
  • ※書籍によっては、「主部」を「鑑部」と呼びます。