このページの短縮URL(リンク用) §06-11…マクロの作成(連続作業の登録) – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§06-11…マクロの作成(連続作業の登録)

(1)「テーブル作成クエリの実行→追加クエリの実行」の操作を一括でおこなえるよう登録します。複数の操作を登録し、かんたんに再実行できるようにするオブジェクトが「マクロ」です。【作成】[マクロ]で登録します。

(2)この画面で複数の作業・動作を登録し、最後に名前(マクロ名)を付けてマクロオブジェクトを保存します。[新しいアクションの追加]の一覧から登録できる動作を選択しましょう。

(3)「クエリを開く」を選択しましょう。

(4)また、開く[クエリ名]は「Q履歴テーブル作成」とします。また2つめのアクションとして、こちらも「クエリを開く」を登録します。

(5)こちらには追加クエリである「Q履歴テーブル追加」を登録します。この2つのアクションセットを「M番号指定01」というマクロ名で登録します。[上書き保存]ボタンで保存しましょう(あるいは{F12}/{Ctrl}+{S})。

(6)マクロ名は「M番号指定01」とします。保存後はマクロオブジェクトを閉じます。