このページの短縮URL(リンク用) §09-05…SUM関数まとめ[足し算] – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§09-05…SUM関数まとめ[足し算]

SUMの書式

=SUM(数値1,数値2,…)

※数値の部分には、セル範囲を入力するか、数値を直接入力します。
例) = SUM(B2:B4) = 60
例) = SUM(B2:B4,30) = 90 (数値も引数になりえます)
例) = SUM(B2:B4,D2:D4) = 300

SUM関数の書式

  • 関数名は、「=」か「+」の後に指定する。
  • 続けてカッコの中に対象範囲を指定する。カッコの中のデータを「引数(ひきすう)」と呼ぶ。
  • 「:」(コロン)は、「~から」の意味になる。
  • 「,」(カンマ)は「~と」の意味。