このページの短縮URL(リンク用) §04-02-03…COUNT 関数を使用する – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§04-02-03…COUNT 関数を使用する

04-02-03.xlsxダウンロード

(1)統計関数のCOUNT関数は、範囲内の[数値の個数][数値セルの個数]を調査させる関数です。
=COUNT(値1,値2,値3,・・・)
の書式で使います。
[値1]だけの指定でも利用できます。
値欄には「C3:C9」のように開始セルと終了セルを半角の「:」でつなぐ形式で指定します。
これからセルE2に「C3:C9」における[数値セルの個数]を調査させる計算式を作成します。
アクティブにして[関数の挿入]ボタン()をクリックすると関数が作成できます。

(2)[関数の分類]を「すべて表示」もしくは「統計」にします。
アルファベット順で関数が並んでいますが、どれかをクリックしてから「C」「CO」とキー入力するとそこまでスクロールされます。

(3)「COUNT」を選択してOKします。

(4)「関数の引数」ダイアログボックスが表示されます。
=COUNT(C3:C9)
を作成する予定です。
[値1]欄に範囲を指定します。
元々あった範囲を消し、カーソルを置いてからセルC3:C9をドラッグしてください。

(5)    =COUNT(C3:C9)
が完成しました。OKしましょう。

(6)セルG2に、セルC3:C9における[数値セルの個数]を調査する関数が作成されました。
[文字列セル]や[空白セル]は除外されています。

解答-04-02-03