このページの短縮URL(リンク用) 第10章:記号や英数字の入力 – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第10章:記号や英数字の入力

10章01節…読みを入力して記号を作成する

(01)「メモ帳」で「★」記号を作成します。このような記号はその「読み」を入力し、変換することで作成します。「入力モード:ひらがな」のままで「ほし」と入力し変換しましょう。 (02)さらにスペースを押し、一覧を表示しまし...

10章12節…{F10}キーを2回・3回と押すと?

(01)スペースを空けて再び「MIKE」と入力してください。さて入力後に{F10}キーを押すと、入力したとおりのアルファベットに変換されました。そしてそれは「小文字」になります。それでは2回{F10}キーを押すとどうなる...

10章02節…半角スペースの作成

(01)次に「ひらがな」モードで作成できる通常のスペースよりも、幅がせまいスペースを作ります。{Shift}キーを押しながらスペースを押してください。「半角」スペースが作成されます。 (02)続けて記号の「→」を作成しま...

10章03節…キーボードから直接作成できる記号

(01)「!%?*」などはキーボードから直接作成できますね。 1マス空けて「!」を作成し、確定してください。 (02)同様に「?」を作成し、確定しましょう。

10章04節…変換して半角記号にする

(01)スペースを空けて、再び「!」を入力します。ただし確定せずに[変換]して一覧を表示させましょう。すると「!」には「半・半角」(はんかく)と「全・全角」(ぜんかく)があることがわかります。「半角」の場合はスリムで左右...

10章05節…カッコと単語

(01)カッコ付きで「(おまけ)」と2行目に作成します。カッコのような記号と単語をまぜる時は、記号の前後でそのつど確定します。まず「(」を入力して確定しましょう。 (02)続けて「おまけ」とひらがなで入力して確定しましょ...

10章06節…{F10}キーで記号を半角に変換

(01)次の行に「(ごめん)」を作成します。ただしカッコを半角にします。入力後、確定せずに{F10}キーを押すと半角に変換されます。 (02)半角のカッコは左の余白が少なくなっています。確定しましょう。 (03)続けて「...

10章07節…かぎカッコの作成

(01)スペースを空けてかぎカッコ付きで「こんにちは」と作成します。かぎカッコは{Enter}キーの左にあります。作成後は確定しましょう。 (02)続きを完成させてください。

10章08節…その他のカッコ1(直接変換)

(01)スペースを空けて「 【びっくり】 」と作成する予定です。「【」のような特殊なカッコは、適当なカッコを変換させることで作成可能です。「(」と入力し変換しましょう。 (02)「(」を変換し、一覧を出すとさまざまなカッ...

10章09節…その他のカッコ2(「かっこ」で変換)

(01)行を変えて、「 ≪注意≫ 」を作成します。今度は別の方法で「≪ ≫」を作成します。「かっこ」と入力して一覧を出すとさまざまなカッコが選択できるようになります。やってみましょう。 (02)一覧から「≪ ≫」を選択し...

10章10節…{Shift}キーを使って「ひらがな」モードのまま英字を作成する

(01)4行目に「MIKE」を作成します。「ひらがな」モードの時は、そのまま打ち込むとローマ字変換されてしまいます。ローマ字変換させない時は、{Shift}キーを押しながら入力します。入力後は確定してください。 (02)...

10章11節…{F10}キーを使って半角英字に変換

(01)改行して「ひらがな」モードのまま「MIKE」と入力して{F10}キーを打ってみましょう。一旦「みけ」とローマ字に変換されてしまいますが、{F10}キーを押せば入力したままの半角アルファベット(半角英字)に変換させ...

10章13節…{F9}キーを使って全角英字に変換

(01){F9}キーでも、入力した文字をローマ字変換される前のアルファベットの状態に変換することができます。次の行に「みけ」(MIKE)と入力して{F9}キーを押してみましょう。 (02){F9}キーでも入力したとおりの...

10章14節…1000円単位に付けるカンマ

(01)次の行(8行目)に「3,150」を作成します。1000単位のカンマ(,)付きの数値を作成する場合にはカンマを無視して入力し、変換します。「ひらがな」モードのまま「3150」を入力し変換しましょう。 (02)一覧か...

10章15節…英数字・記号がまざった単語を入力する

(01)スペースを空けて、「約100位」と入力します。言葉の中に数字・アルファベットが入る場合、その前後で一旦確定した方がよいでしょう。一旦、「約」で確定します。 (02)続けて「100」を作成します。 (03)最後に「...

10章16節…まとめ

キーボードにない記号は、その読みを入力して変換することで作成できます。 「★」は「ほし」で変換すればよいのです。 半角スペースは、{Shift}キーを押しながら「スペース」を押せば作成されます。 {F10}キーは入力した...