このページの短縮URL(リンク用) 第13章:入力ツール – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第13章:入力ツール

13章01節…郵便番号を住所に変換

(01)郵便番号を住所に変換する機能があります。 「ひらがな」モードにて「244-0003」と入力・変換しましょう。 (02)入力した郵便番号の住所が表示されます。選択して確定しましょう。 また次へ進む前に改行しておきま...

13章02節…読めない字を調べる:IMEパッド・手書き機能の利用

(01)これから「禾」という字を作成しますが、この字の「読み方・入力の仕方がわからない」と仮定します。その場合、どうキー入力をすればよいのかがわかりません。そこで使うのが、[IMEパッド・手書き]です。「IME(あ)」を...

13章03節…ツール・単語の登録

(01)「神奈川県」という言葉を頻繁に入力する、と仮定します。毎回「かながわ」と入力するのは面倒なので、「か」と入力して変換すると「神奈川県」が表示されるよう登録します。言葉・単語の登録は[IME:単語の登録]を使います...

13章04節…登録した単語を消す

(01)自分で登録した単語を消す方法を学習します。 [IME(あ)]から[ユーザー辞書ツール]をクリックしてください。 (02)[ユーザー辞書ツール]ボックスが表示され、登録した単語が確認できます。ここで「埼玉県」の登録...

13章05節…まとめ

[IMEパッド]を使うと、読みがわからない字を入力することができます。 [単語の登録]を使えば、よく使う単語を簡単に呼び出すことができるようになります。