このページの短縮URL(リンク用) 第08章:目次と見出しレベル – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第08章:目次と見出しレベル

「第08章:目次と見出しレベル」の概要の学習内容です。

  • Wordには自動的に目次を作成する機能がある。目次とは、文書内の重要な見出しの一覧に、それぞれのページ番号を付けたものである。なお作成前には、「文書内のどこが重要な見出しであるか」を登録しておかなければならない。

§08-01…目次と見出しレベル-準備

(1) 以下のような文章を入力しましょう。   (2) 「織田信長・おだ のぶなが」「豊臣秀吉・とよとみ ひでよし」「徳川家康・とくがわ いえやす」の前で改ページしてください。以下のような4ページ構成になります...

§08-02…目次の対象とする段落を見出しにする

(1) この章の目的は「目次の作成」です。目次とは「文章内の重要部の一覧を、ページ番号付きで作成したデータ」です。Wordには目次の一括作成機能がありますが、事前に目次項目となる場所・部分の指定が必要です。 目次の項目と...

§08-03…目次の更新

(1) 文章を追加することで各「見出し」のページ番号が変われば、目次のページ番号が更新可能になります。ここでは、「織田信長・おだ のぶなが」の次にページを追加します。2ページ目の末尾で改ページしてください。 (2) 新し...

§08-04…見出し2を小見出しにする

(1) 「見出し1」には人物名を用いましたが、それぞれが大見出しとして認識され目次の対象となりました。「見出し2」以下を使うと、その段落は「見出し1」の中の小見出しとして認識されます。そして、それを目次の対象とすることが...

§08-05…目次の再設定

(1) 作成済みの目次は「見出し1」・「アウトラインレベル1」だけを使っています。これを「見出し2」「アウトラインレベル2」までを対象とする目次に変えます。目次内にカーソルがある状態で【参考資料】[目次][ユーザー設定の...

§08-06…見出しスタイルを更新する(スタイルの復習)

(1) 「見出し」の個所は目次の対象となりますが、書式スタイルとしても扱うことができます。すべての「見出し1」を「赤字」「24pt」「下線付き」にします。2ページ目の「織田信長・おだ のぶなが」の個所に書式を設定してから...

§08-07…アウトライン表示から見出し1単位で文面を入れ替える

(1) 【表示】タブから[アウトライン]を選ぶと「アウトライン表示」モードとなり、見出しレベルの設定状態がわかりやすくなります。切り替えましょう。 (2) 「見出し1」がもっとも左の位置に表示されます。続けて「見出し2」...

§08-08…目次スタイルの変更

(1) 目次のデザインを変更します。「見出し1」の目次部分だけ「16pt・緑字」にします。目次内にカーソルを置いて、【参考資料】[目次][ユーザー設定の目次]で作りなおします。 (2) 書式を変更する際は、[変更]ボタン...

§08-09…目次と見出しレベル-まとめ

目次の項目としたい段落には「見出し○○」という特殊なスタイルを適用しておきます。 「見出し1」はもっとも大きな意味を持つ段落に使います。「見出し2」「見出し3…」は小見出しとして使用する段落に対して使用します。 作成した...