§02-06…並べ替えの作業 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§02-06…並べ替えの作業

(1)[並べ替えとフィルター]を使うと、リストを「昇順/降順」で並べ替えることができます。ただし使う前には「キー」とする列のいずれかを「ひとつだけ」アクティブにしておく必要があります。ここでは「通勤時間」をキーとします。どれでもかまわないので「ひとつだけ」アクティブにして「昇順(小さい順)」にしてみましょう。

(2)「通勤時間」の「昇順・小さい順」になりました。さて、今度は「社員番号」の「昇順」にしましょう。最初の順番に戻るはずです。

(3)日本語文字やアルファベットの列をキーにして「昇順」にすると五十音順、アルファベット順になります。「控除番号」をキーにして「昇順」にしてください。

(4)今度は「生年月日」の「降順」にしてみましょう。

(5)「氏名」の「昇順」にしてみましょう。五十音順になります。

(6)漢字の場合は「入力した読み」を基準に並べ替えされます。「いいじま/おがさわら/ささき…」と五十音順になっていることを確認してください。さて次は「在籍」をキーとして「昇順」で並べ替えします。

(7)最後に「社員番号」の「昇順」に戻してください。このようにリストを作成する際には、最終的に元の状態に戻すことを考えて、何らかの通し番号を作っておくのがよいでしょう。