§02-08…ふりがなとPHONETIC関数(ふぉねてぃっく) – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§02-08…ふりがなとPHONETIC関数(ふぉねてぃっく)

(1)「氏名」の右に「ふりがな」欄を作成します。セルD4:D14を選択して、[挿入][セルの挿入]を使います。

(2)「右方向にシフト」させます。

(3)作成した空白列の先頭に、「ふりがな」と入力します。

(4)ここでD5以下にC列に登録されている「ふりがな」を表示させる関数を作成します。D5で[関数の挿入]を使います。

(5)別のセルに登録されている「ふりがな」を表示させるには「PHONETIC」関数を使います(ふぉねてぃっく)。

(6)引数に漢字セルの「C5(小笠原)」を指定してOKします。

(7)「カタカナ」でふりがなが表示されましたが、これはあとで修正できます。さてD5に作成された関数をD14までコピーしてください。またここで幅を調整しておきましょう。