§03-01…計算式にて別のシートの数値を参照する – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§03-01…計算式にて別のシートの数値を参照する

(1)以下のような表を作成しましょう。またこのワークシートに「横浜」という名前を付けます。赤字はSUM関数が入力されている欄です。

(2)また、「横浜」シートの左に「来期目標」シートを作成します。

(3)ここで「来期目標」シートのセルC3に、「<横浜シートの法人販売合計>×1.2」の計算式を作成します。計算式では他のシートのセルを参照させることができるのです。まずは計算結果を表示させたいセルで「=」を入力します。続けて参照したいセルがある、「横浜」シートをクリックします。

(4)次に「横浜」シートのセルC8をクリックしてください。すると数式バーに
「=横浜!C8」が作成されます。この「!」は「シートの」という意味です。「横浜シートのセルC8を参照する」という意味になります。

(5)あとは「*1.2」を入力して{Enter}で確定します。なお、{Enter}をする前に他のシートやセルをクリックしないよう注意してください。

(6)「来期目標」シートのセルC3に「=横浜!C8*1.2」が作成されました。「横浜シートのセルC8×1.2」の意味です。

(7)もちろん、この計算式もコピーすれば相対複写になります。C3の式をD3(右)にコピーしてください。

(8)練習です。4行目に「最低目標」欄を作成し、「横浜シートの合計×0.9」の計算結果を表示させてください(計算セルは赤字)。