§04-08…NOT関数 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§04-08…NOT関数

(1)G列には、別の方法で「D列が魚で<ない>場合にTRUE」と表示させます。NOT関数を用います。この関数では「D列が魚である場合」『以外』にTRUEを表示させることができます。

(2)「すべて表示」から「NOT」関数を検索してもよいのですが、「論理」からなら簡単に検索できます。

(3)NOT関数内で「D3=”魚”」を作成します。すると「D3が魚であるデータ『以外』」にTRUEが表示されます。

(4)G3の式をG9までコピーしましょう。