§03-06…その他の桁数 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§03-06…その他の桁数

(1)G列ではB列(購入金額)の、十の位以下を処理した値を表示させます。[桁数]は「-2」になります。マイナスで指定した分だけ、「0」が作成されます。G3をアクティブにし、ROUNDDOWN関数の作成を開始します。

(2)[数値]を「B3」(15485)、[桁数]を「-2」にします。このように、[桁数]は小数点を基準にして、どの程度離れた部分以下を処理するか、を指定する欄なのです。

(3)作成した式をコピーしましょう。小数点から見て左側2桁目以下を対象に、端数処理がなされました。