§05-07…空白の検索 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§05-07…空白の検索

(1)J列ではE列が空欄の場合に「未記入」と表示させるようにします。何か入っていた場合には「入力済み」とします。J3をアクティブにしてIF関数を選んでください。

(2)「E3が空欄の場合」を意味する[論理式]は「E3=””」です。論理式の「””」は省略できないので、自分で入力します。設定後は[真の場合]に「未記入」、[偽の場合]に「入力済み」と指定してOKしてください。

(3)J3の式はJ9までコピーしましょう。完成後はこのファイルを閉じます(必要に応じて保存)。