§08-04…OR関数とは(概要) – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§08-04…OR関数とは(概要)

OR関数は、引数内で2つ以上の論理式を扱い、論理式がどれかひとつでも「TRUE」となりさえすれば「TRUE」と表示させる関数です(AND関数は、すべてが「TRUE」の場合のみ「TRUE)OR関数では、すべてが「FALSE」の場合のみ「FALSE」と表示させます。「TRUE」とする対象を広げる関数です。AND関数よりも「TRUE」を表示するケースが多くなります。

OR関数の書式

=OR(論理式1,論理式2,論理式3…)

…どれかひとつでも論理式が正しければ、「TRUE」を表示する。すべての論理式が誤りである時のみ「FALSE」を表示する。

OR関数 引数解説

  • 論理式:[左辺>右辺]、[左辺=”文字”]…のように、原則左辺と右辺を比較演算子で結んだ式を入力する。これをカンマで区切り、複数入力する。最大255個の論理式を指定可能。

(例)