§12-02…従来どおりのVLOOKUP関数 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§12-02…従来どおりのVLOOKUP関数

(1)C列には、B列に入力されている[商品番号]に対応する[商品名]が表示されるようにします。VLOOKUP関数を使います。C3をアクティブにしてVLOOKUP関数の作成を開始してください。

(2)[検索値]は「B3」、[範囲]は「H3:K12」にして絶対参照、[列番号]は「2」にしてOKしましょう。

(3)C3に作成した式は、C15までコピーしましょう(幅は適当に調整)。なお[商品番号]に何も入力していなければ「#N/A」と表示されます。