§01-01…数値の基本表示形式・「#」の利用 – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§01-01…数値の基本表示形式・「#」の利用

(1)以下のような表を作成しましょう。

(2)F列には「D列-E列」の計算式を作成します。F3に「=D3-E3」を作成してください。

(3)F3の計算式を7行目までコピーしてください。

(4)ここではF列の数値の見た目(表示形式)を「75ポイント」のようにするつもりです。数値をオリジナル・独自の見た目(表示形式)にする場合には、[セルの書式設定]の[表示形式]を使います。F3:F7を選択して[数値]ボタンをクリックするか、{Ctrl}+{1}キーを押してください。

(5)オリジナルの表示形式をセットする際は、【表示形式】タブの[ユーザー定義]を選択します。ここの[種類]欄に設定したい表示形式を登録するのです。「#”ポイント”」と入力してください。記号は必ず「半角」とします。「#」でセルに入力されていた数値を表示させる位置を指定します。その前後に表示させたい文字を「”」で囲んで指定します。
「#”ポイント”」とすれば「数値(#)のあとに『ポイント』と表示させる」表示形式の設定は完了です。OKしてください。

(6)こうするとF列の計算結果の見た目が「数値+ポイント」となります。なお計算結果が「0」である個所には「ポイント」だけが表示されます。