§03-01…並べ替えの復習-準備 – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§03-01…並べ替えの復習-準備

(1)以下のような表を作成しましょう。なおD列には「PHONETIC関数」を使っています。また「男」は「だん」、「女」は「じょ」の読みで入力します。

(2)このリストを[会場]の「昇順」で並べ替えます。「会場」であるF列のセルを「ひとつだけ」アクティブにして、[並べ替えとフィルター]から「昇順」を選びましょう。

(3)[会場]の「昇順」となりました。同じ会場同士、固まったのです。なお同じ会場同士では、[会員番号]が小さい人が上に来ています。今から、同じ会場同士の中を[姓]の五十音順に並べます。このようなケースでは優先度の低いキー(列)から並べ替えます。[姓]の列をひとつアクティブにして、「昇順」で並べ替えましょう。「昇順」ボタン()は【データ】タブにも用意されています。

(4)五十音順に並びました。この状態で、再度[会場]を基準に「昇順」で並べ替えます。そうすれば、「[会場]順で並べ替える、ただし同じ[会場]同士では、[姓]順で並べ替える」という作業が完了します。

(5)第一優先キーを[会場]、第二優先キーを[姓]とした並べ替えが完了しました。