§04-13…印刷範囲を無視した印刷 – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§04-13…印刷範囲を無視した印刷

(1)現在、A1:E17が印刷範囲として設定されています。通常はそこのみが印刷されるのですが、一時的に印刷範囲を無視して別の個所を印刷させることができます。今回はセルI1:M7を一時的に印刷対象としてみます。選択して[印刷プレビュー]を使うと、登録済みの印刷範囲を無視して選択個所だけを印刷することができるのです。

(2)印刷対象が「作業中のシートを印刷」となっていると、登録済みの印刷範囲が印刷対象となります。「選択した部分を印刷」を選ぶと印刷範囲が無視され、現在選択している部分が印刷対象となるのです。

(3)一時的に[印刷範囲]に設定されているA1:E17が無視され、I1:M7が印刷対象となります。

(4)印刷対象を「作業中のシートを印刷」に戻しましょう。今度は[印刷対象]であるA1:E17が、印刷対象に戻っています。戻したあとは、印刷プレビューを解除します。