§03-02…ゴールシークの使用 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§03-02…ゴールシークの使用

(1)C7の値を「1800」にするためにはC2の値をいくつに設定すればよいのか、を再度調べます。自分で試行錯誤しながら調べてもよいのですが、Excelに試行錯誤させて調べさせる機能が存在します。「ゴールシーク」です。最終目的結果が算出される、計算式が入力されたセル(ここではC7)をアクティブにし、【データ】タブから[What-IF分析]「ゴールシーク」をクリックします。

(2)最終目的値が算出される数式セルが[数式入力セル]です。アクティブセルであった「C7」が自動でセットされています。[数式入力セル]をいくつにしたいのかを入力する欄が[目標値]です。「1800」としてください。[変化させるセル]は、PCに実験入力をしてもらうセルを指定します。参照セルであるC2を指定してください。設定後はOKします。

(3)するとC7の計算結果を1800とするためにはC2にどんな値を入れればよいのか、をPCが試行錯誤により調べてくれます。OKしましょう。

(4)C7の計算結果を「1800」にするためにはC2を約「1564」にすればよいということを、PCが何度も試すことで調べてくれました。

(5)それでは総計「2500」円で商品を販売するには、単価をいくらにすればよいのかをゴールシークで調査してください。