§08-09…高度なグラフとその調整-まとめ – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§08-09…高度なグラフとその調整-まとめ

  • 通常の日付軸では元の表に存在しない値も採用されてしまいます。これらを使わない場合には「テキスト軸」に変更します。
  • 「散布図」を用いると2つの数値群の相関性が分析できます。
  • 「近似曲線」を用いると数値の傾向がつかめます。
  • ピボットテーブルの機能を持つグラフを作成することができます。