§04-01…小数・小数点の扱い – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§04-01…小数・小数点の扱い

(01) 以下のように入力しましょう。 (罫線は不要)

(02) C列に入っている数値群は、桁が揃っていません。小数点以下の桁数を揃える時に利用するのが、[小数点以下の表示桁数を増やす]()、[小数点以下の表示桁数を減らす]()です。ここでは[増やす]を使ってみましょう。

(03) すべてが小数点3桁の数値になりました。「ハラペ河」の小数値が「2桁」だったので、そこから1桁増えた状態になったのです。

(04) 次は[小数点以下の表示桁数を減らす]()を2回使います。「3桁→1桁」になります。

(05) 小数点1桁で表示されました。小数点2桁以下は隠れて見えない状態です。消えたわけではありません。隠れているだけです。さて、さらに表示桁数を減らして下さい。整数表示されるようになります。

(06) 小数点以下の数値が隠れました(四捨五入されて表示)。さて元の状態に戻す時には、[表示形式・標準]を選択します。

(07) 小数値の桁揃えについて学習しました。