§06-02…「=」の代わりに「+」を使う:引き算 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§06-02…「=」の代わりに「+」を使う:引き算

(01) セルC14の[利益]欄には、「売り値-仕入れ値」「8570-6790」の計算結果を表示させます。計算時には先頭に「=」を入力するのが原則でした。代わりに「+」を入力しても計算が可能になります。パソコンに、「テンキー」があればこの方法が便利です。

(02) 続けて、「-C13」(仕入れ値:6790)を指定し、「+C12-C13」を完成させます。なお、「-」は半角で入力するようにして下さい。また確定する時、{Ctrl}キーを押しながら{Enter}すれば、アクティブセルが下へ移動しません。

(03) 完成された数式をチェックします。「+」から作成した計算式の先頭に、自動的に「=」が付いていることが確認できます。