§09-21…まとめ 第09章:領域を使って計算する「関数」(かんすう) – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

§09-21…まとめ 第09章:領域を使って計算する「関数」(かんすう)

  • 「関数・かんすう」を使えば広い範囲を対象にした計算が楽になります。範囲の始まりと終わりを指定すればよいからです。
  • 関数で指定するセル範囲を「引数・ひきすう」と呼びます。引数は「C3:C25」のように始まりと終わりとを「:」(コロン)で結びます。
  • 関数は「=関数名(引数)」のように使います。半角文字を用います。「=SUM(C3:C25)」のようになります。
  • 関数の一覧を表示するには[関数の挿入]()を用います。なお、一部の関数は[合計]ボタン(Σ)から使えます。