04章08節…アンパサンド(&) – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

04章08節…アンパサンド(&)

04章08節…アンパサンド(&)

(01)「店舗番号」と「地区・店舗名」を表示させるクエリを新しく作成します。ただし「地区・店舗名」は、同時にひとつの列に表示させます。まずは「店舗番号」のみセットしてください。次にふたつのフィールドを一つの列に表示させる設定をします。演算により完成させます。二列目のフィールド欄で、ズームモードを起動してください。

(02)各フィールドの【文字データ】を連結するには「&」(アンパサンド・半角)を用います。項目名は「新店舗名」とします。「新店舗名:地区 & 店舗名」としOKしましょう。

「&」の前後には半角スペースを入れます。

なお正しくは「新店舗名:[地区] & [店舗名]」です。

(03)演算フィールド完成後は、クエリを実行しましょう。

(04)以下のように「新店舗名」という仮想のフィールドが表示されました。

続けてこのフィールドの「地区」と「店舗名」の間に「ブロック→」という文字を表示させるよう変更してみます。デザインビューへ切り替えてください。

(05)「新店舗名」欄で、ズームモードを起動してください。そのあと式を、

「新店舗名:[地区] & “ブロック→” & [店舗名]」に変更します。OK後はクエリを再実行してください。

(06)アンパサンド(&)を用いれば、効果的に文字と文字とを連結できるのです。列幅は適時調整してください。このクエリは「Q店舗-新店舗名」という名前で保存しましょう。