07章02節…データシートビューの操作/フィルター – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

07章02節…データシートビューの操作/フィルター

07章02節…データシートビューの操作/フィルター

(01)データシートビューのままフィルターの設定が可能です。「訪問」「を含む」レコードを抽出します。[販売区分]のいずれかのセルを右クリックして、[テキストフィルター][指定の値を含む]を使ってみましょう。

(02)「訪問」をキーワードにしてOKします。

(03)このようにデータシートビュー上でもフィルターが実行できます。

ここで「Q販売区分」を閉じてください。

(04)データシートビュー上で並べ替えやフィルターを実行したあとは、並べ替え条件・フィルター条件の保存を促されます。[はい]。

(05)再び「Q販売区分」を開いてください。しかしフィルターはなされていない状態で開かれます。クエリの「デザインビュー」で登録したフィルター設定は開くときに自動実行されていますが、「データシートビュー」で登録したフィルター設定は自動実行されません。下部にも[フィルター処理なし]と表示されます。この場合は[フィルターの実行]を押すことで再実行されます。

(06)データシートビューで登録したフィルター設定は[フィルターの実行]を押さないと処理されないので注意してください。なお再度[フィルターの実行]をクリックすると[フィルターの解除]になり、開いたばかりの状態に戻ります。