01章09節…主キーのテスト/重複値は利用不可 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

01章09節…主キーのテスト/重複値は利用不可

01章09節…主キーのテスト/重複値は利用不可

(01)「T社員マスター」を開きなおします。ナビゲーションウィンドウからダブルクリックしてください。入力用の「データシートビュー」で開かれます。

このテーブルは[社員番号]を「主キー」としています。各[社員番号]における固有の情報を管理するマスターテーブルとして活用することになります。従って2回以上同じ[社員番号]を使うことはできません。新規レコードの行に「1001・工藤啓太」と入力してみましょう。入力後は即時保存をします。即時保存には【ホーム】タブの[保存]を使うか、{Shift}+{Enter}キーを使います。

(02)主キーには重複値が利用できません。OKします。

(03)以下のように適切な値を入力して確定してください(幅は適時調整)。

「T社員マスター」は一旦閉じます。