02章01節…オートナンバー型と日付/時刻 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

02章01節…オートナンバー型と日付/時刻

02章01節…オートナンバー型と日付/時刻

【テーマ】

ここでは以下のようなテーブルをAccessで作成する予定です。

時刻や、小数・チェックボックスがあるテーブルです。このようなテーブルの作成方法をこれから学びます。

[主キー]は[処理番号]になりますが特に意味のない連番項目です。

(01)新しいデータベースファイル「dbf-02-02」を作成してください。作成後は新しいテーブルの作成に取りかかります。[データシートビューでテーブルのデザインを変更できるようにする]のチェックは解除しておきます。

(02)最初に[処理番号]フィールドを登録します。このフィールドには「数値型」の値をセットします。この値には大きな意味はありません。レコードの入力順を示すだけです。このようなフィールドには特殊な数値型、「オートナンバー型」を使います。入力した順に「1」から番号を振ってくれるのです。選択しましょう。

(03)続けて「処理日」を「日付/時刻型」で登録してください。また、フィールドプロパティの[書式]を使って表示形式を指定します。「日付(S)」にしましょう。

(04)続けて「処理時刻」を「日付/時刻型」で登録してください。また、フィールドプロパティの[書式]を使って、表示形式を指定します。「時刻(S)」にしましょう。