06章01節…印刷用オブジェクト・レポートとレコードソースの指定 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

06章01節…印刷用オブジェクト・レポートとレコードソースの指定

06章01節…印刷用オブジェクト・レポートとレコードソースの指定

(01)新しいデータベースファイル「dbf-02-06」を作成してください。その中に以下のようなテーブル「T分類マスター」を作成してください。

 

(02)「T担当者マスター」を作成してください。

 

(03)「T顧客台帳」を作成してください。

(04)「T顧客台帳」を元にした以下のようなクエリ「Q顧客」を作成してください。

[担当者CD][分類CD]は表示させず、[担当者名][分類名]を表示させています。

(05)テーブルやクエリをどのように画面に表示させるか、を登録するオブジェクトが「フォーム」でした。ここで学習する「レポート」はテーブルやクエリをどのようにプリントするか、のデザイン・レイアウトを登録するオブジェクトです。プリント時の用紙サイズや余白などもこの「レポート」で登録します。

ここでは「Q顧客」のプリント方法を登録するレポートを作成します。

【作成】タブの[レポート デザイン]から作成を開始します。

(06)これが「レポート」オブジェクトのデザインビューです。「A4,縦,余白:6.35mm」となっています。まずはこのレポートを「Q顧客」と関連付けます。レポート全体のセレクターをダブルクリックしてください。プロパティシートが表示されます。

(07)レポート全体の設定をするプロパティシートが表示されます。

【データ】タブの[レコードソース]でどのデータシート(テーブル/クエリ)を印刷するのかを指定します。「Q顧客」を指定してください。