01章03節…テーブルに他のリストのレコードを追加する1(失敗例) – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

01章03節…テーブルに他のリストのレコードを追加する1(失敗例)

01章03節…テーブルに他のリストのレコードを追加する1(失敗例)

(01)以下のような新しいExcelファイル「Eメンバーリスト+1」を作成してください。

4列目にある「店舗番号」の本来のフィールド名は「店舗コード」ですが、ここではそのまま使用します。

(Excelファイル「Eメンバーリスト+1」)

(02)作成済みのローカルテーブル「Tメンバーマスター」に、「Eメンバーリスト+1」のレコードを追加させることができます。Accessデータベースファイル「dbf-03-01」に切り替え、取り込み・インポートの準備を開始します。

(03)インポート元のファイルは「Eメンバーリスト+1」とします。また[レコードのコピーを次のテーブルに追加する](インポート先)で「Tメンバーマスター」を指定します。

(04)先頭行は項目名です。レコードとしてはインポートされません。[次へ]。

(05)[完了]。

(06)しかしインポートできません。OKします。前の画面では[キャンセル]します。

「店舗番号」という、インポート先にないフィールドがExcel側のリストに存在していたからです(ほかのメッセージが表示されることもある/すべてOK・キャンセル)。

ここでいったんAccessを終了します。