02章03節…フォーム上での入力規則 – オンライン無料パソコン教室 | PCセミナー

02章03節…フォーム上での入力規則

02章03節…フォーム上での入力規則

(01)「T申込データ」への入力が可能である下図のようなクエリを作成しましょう。

[セミナーCD]を入力したら、確認用に[開催日]と[申込締切日]が右側に自動表示されるクエリです。クエリ名は「Q申込入力01」とします。

(02)この「Q申込入力01」を元に、[複数のアイテム]ボタンを使って表形式のフォームを作成しましょう。

(03)タイトルを「F申込入力01」に変更し、フォーム自体を「F申込入力01」という名前で保存してください。

(04)フォームビューに切り替えて、入力のテストをします。新規レコードに[セミナーCD]「102」を入力してください。自動的に[開催日][申込締切日]が表示されます。

(05)続けて[会員番号]に「3」、[申込日]に「2016/09/10」と入力しましょう。

(06)[申込日]には[申込締切日]より後の値/日付が入力できないよう規則を設定します。

フォームにあるコントロールにも入力規則を設定できるのです。

デザインビューから[申込日]のプロパティシートを表示させ、その中の【データ】[入力規則]欄で、ズームモードを起動します。

(07)「<=[申込締切日]」と設定してからOKしましょう。

これで[申込日]には[申込締切日]以前の日付しか入力できなくなります。

(08)上書き保存してからフォームビューに切り替え、入力規則のテストをしましょう。

[申込日]にわざと[申込締切日]より後の値を入れてみます。

(09)入力規則に違反しているのでメッセージが表示されます。[OK]。

(10)「2016/09/11」に修正しましょう。これならば[申込締切日]より前になるので入力が可能です。このように他のテーブルにあるフィールドの値と比較させる入力規則も、フォームを使えば設定可能になるのです。