06章12節… まとめ – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

06章12節… まとめ

  • 計算時には、先頭に半角の「=」または「+」を入力します。
  • 計算式は「=B4+C5」のようにセル名を指定して作成します(セルの参照による計算)。
    また計算式内で使用される「B4,C5」のようなセルのことを「参照セル」とよびます。
  • ワークシート上に無い数値を計算式に利用したい場合には、「=C6*1.25」の「1.25」のようにキーボードから入力します。
  • 「%」や「カッコ( )」を計算式内で使用することもできます。「8%」は「0.08」と同じ意味として扱われます。
  • 「参照セル」の値を修正すると、そこを使っている(参照している)すべての計算がやりなおされます[再計算機能]。