11章06節…Visual Basic Editorでマクロを複製 – Online無料パソコン教室

11章06節…Visual Basic Editorでマクロを複製

11章06節…Visual Basic Editorでマクロを複製

(01)「『絶対参照テスト』マクロとほぼ同じ実行内容だが、書き込み内容は『テストA』とし、範囲を別の場所にする」マクロを作成します。

「Visual Basic Editor」を使うとマクロのコピーと一部の変更が可能です。

マクロリストから「絶対参照テスト」マクロを修正しましょう。

(02)「Sub 絶対参照テスト()~End Sub」までをコピーします。

(03)その下に{Enter}で数行作り、コピー内容を貼り付けます。

(04)貼り付けた方のマクロ名を「絶対参照テスト乙」にしましょう。すなわち

「Sub 絶対参照テスト乙()」とします。範囲は「Range(” “)」の中で修正します。「B2」を「D4:E5」(半角)に修正しましょう。また書き込み内容を「テスト一」から

「テスト乙」に、読みを「イチ」から「オツ」に修正します。

設定後は「Visual Basic Editor」を閉じます。

(05)それではマクロリストを表示して、「絶対参照テスト乙」を実行します。

絶対参照マクロなので、どのセルから実行しても効果は同じです。

(06)「絶対参照テスト乙」を実行してください。

(07)コピー・修正したマクロが正しく動作しました。