02章06節…まとめ – Online無料パソコン教室

02章06節…まとめ

02章06節…まとめ

  • 対応表が右へ展開しているケースではVLOOKUP関数は利用できません。そこでHLOOKUP関数を利用します。
  • 計算式が適切な解を導くことができなければエラー値が表示されます。エラー値の代わりに表示させる値を指定するにはIFERROR関数を利用します。
  • すでに完成した計算式にIFERROR関数を適用するようなボタンは存在しません。完成後にIFERROR関数を適用させるには、数式バーなどで元の式を囲みます。