03章06節…複数のセルを同時に変化させる – Online無料パソコン教室

03章06節…複数のセルを同時に変化させる

03章06節…複数のセルを同時に変化させる

(01)「ステープラー」と「バインダー」を「10」個ずつ追加で発注したら、いくらになりそうかを試算してみましょう。

続けて\120,000の予算で「マグネット/ステープラー/バインダー」をバランスよく追加注文します。ゴールシークでは、変化させるセル(PCに試行錯誤させるセル)は1つしか指定できませんでしたが、ソルバーでは複数セルを同時に変化させることができます(ここではD3:D5)。[ソルバー]をクリックしてください。

(02)一旦、前の設定を解除します。[すべてリセット]をクリックしてください。

(03)OKします。

(04)全体の予算が算出されるセルはE7です。[目的セルの設定]に指定してください。[目標値]は「指定値」、「120000」とします。[変数セルの変更]は「D3:D5」を指定します。これで12万円を使い切るように発注数を決定してもらう設定が完了したことになります。ただ、このままでは「5.8個」や「-20個(マイナス20)」なども使われてしまうかもしれません。制御するために制約条件を指定します。

(05)どれも最低15個注文します。「D3:D5」が、それぞれ15以上になるよう設定してください。続けて条件を追加するので、設定後は[追加]をクリックします。

(06)「D3:D5」には整数しか使用されないよう設定します。制約条件はこれで設定完了です。OKします。

(07)設定完了です。[解決]・OKしてください。

(08)すると下図のように予算12万円を使い切れるよう、発注数を割り振ってくれるのです。なお12万円の使い方は他にもあるため、下図と異なる結果が出る場合があります。

複数の割り振り方がある場合は、そのうちのひとつだけが解答として提示されます。