07章05節…【DATE】関数の原理・分解した日付を再結合する – Online無料パソコン教室

07章05節…【DATE】関数の原理・分解した日付を再結合する

07章05節…【DATE】関数の原理・分解した日付を再結合する

(01)YEAR/MONTH/DAY関数を使って、日付データを分解しました。分解した「年」・「月」・「日」を再結合するのが「DATE」関数です。C6~C8のデータを結合した日付データをC9に作成します。関数の作成を開始してください。

(02)[日付/時刻]にあるDATE関数を使って結合します。

(03)[年]に「C6」、[月]に「C7」、[日]に「C8」を指定してOKします。

そうすると、ひとつのセルに[日付データ]として表示されるようになります。

(04)バラバラになっているC6~C8のデータが、ひとつのセルに[日付データ]として表示されました。

DATE関数の書式

=DATE(年,月,日)

…年,月,日を別々に指定し、それをひとつの[日付データ]として表示する。

<引数解説>

:西暦データ。数値で指定する。通常は1900~。

:数値で指定する。通常は1~12。

:数値で指定する。通常は1~31。

 例