07章10節…【TIME】関数の活用方法 – Online無料パソコン教室

07章10節…【TIME】関数の活用方法

07章10節…【TIME】関数の活用方法

(01)TIME関数は、別々のセルにある「時」「分」「秒」を結合して、ひとつのセルに「時刻データ」として表示させる関数です。DATE関数と同様、結合時に、「8時間後」「3分後」「25秒後」などの処理をさせることができます。

ここではセルF9に、「9:18:00(9時18分00秒)」の「6時間後」を作成します。

F9で関数の作成を開始してください。

(02)[日付/時刻]内のTIME関数を使って、バラバラになっている時刻データ、「9」「18」「0」をひとつのセルにまとめます。

(03)「時,分,秒」の3つの引数を指定します。F6~F8を指定してください。ただし、6時間後にするので、[時]は「F6+6」とします。「15:18:00」が作成されます。

(04)このように時刻の足し算・引き算をする際は、「HOUR,MINUTE,SECOND」を使って「時,分,秒」をバラバラな状態にし、「TIME」関数を使って計算させながら再結合させるのです。

TIME関数の書式

=TIME(時,分,秒)

…時,分,秒を別々に指定し、それをひとつの時刻データとして表示する。

<引数解説>

:「○○時」のデータ。数値で指定する。通常は0~23。

:「○○分」のデータ。数値で指定する。通常は0~59。

:「○○秒」のデータ。数値で指定する。通常は0~59。

 例