03章02節…日付の挿入・更新 – Online無料パソコン教室

03章02節…日付の挿入・更新

03章02節…日付の挿入・更新

(01)先頭行にある「作成日時:」のあとに本日の日付を入れる予定です。

「平成」と入力すると今日の日付を入力するのかを聞かれます。

この状態で{Enter}キーを押せば今日の日付が自動入力されます。

(02)「平成」が今日の日付に変化しました。作成された日付は一旦削除してください。

(03)再び今日の日付を作成します。ただし次は保存してから後日開いた際に、自動的に更新されるよう設定しておきます。【挿入】タブから[日付と時刻]を使います。

(04)「日本語」「グレゴリオ暦(西暦)」にして「20××年▲月○日」の日付を作成しましょう。ただし[自動的に更新する]のチェックはオンにしておきます。

(05)続けて時刻情報を入れてみます。スペースを空けてからさらに[日付と時刻]を使います。

(06)「日本語」「グレゴリオ暦(西暦)」「午前/午後×時○分▲秒」の形式を使いましょう。

自動更新の設定もしておきます。

(07)[自動的に更新する]をオンにして作成した日付・時刻データは、後日ファイルを開いた際に自動更新されます。すぐに更新したい場合には右クリックして[フィールド更新]を使います。時刻を更新してみましょう。

(08)時刻データが最新の状態に更新されました。