09章02節…既定のタブ位置の変更 – Online無料パソコン教室

09章02節…既定のタブ位置の変更

09章02節…既定のタブ位置の変更

(01)現在の既定のタブ位置は「4字単位」です。これを「11字単位」にしてみましょう。[段落(段落の設定)]を使います。

(02)タブ関連の設定をする際には、[段落][タブ設定]を使います。

よく使うので設定方法を覚えておきましょう。

(03)ここで[既定値]を「4字」から「11字」に変更してOKしましょう。すると文書全体において、タブ揃えの単位が「11字,22字,33字,44字」と11字単位になります。

(04)「○分」以降が「11字」の位置まで寄せられ、揃いました。

(05)下部のブロックにおいて各「年齢」の前と、「郵便番号」の前で{Tab}キーを入れましょう。「年齢」は「11字」、「郵便番号」は「22字」の位置で揃います。表を使わずとも、表のように揃えることができるのです。