09章03節…ユーザー設定のタブ – Online無料パソコン教室

09章03節…ユーザー設定のタブ

09章03節…ユーザー設定のタブ

(01)「梶山~佐々岡」の段落の2ブロック目(○○分)は「11字」の位置に左が揃っています。これを「9字」の位置に揃うよう修正したいのですが、タブの[既定値]を修正してしまうと、下部のブロック(氏名/年齢/郵便番号)の揃え位置も変わってしまいます。選択した範囲だけの{Tab}後の位置を指定したい場合には[段落][タブ設定]を使います。

(02)[タブ設定]をクリックします。

(03)ここで左の[タブ位置]欄に、選択している段落のみに設定したいタブ指定位置を字数で指定します(ルーラーで位置をチェックする)。「9」を指定し、[設定]してください。

(04)[タブ位置]「9字」が登録されました。これでOKすると、2ブロック目の左位置が

「11字⇒9字」に修正されます(「11字」は「既定値」)。

(05)すると[ルーラー]部に新しく黒いかぎ型の「タブマーカー」()が作成されます。そして2ブロック目が「9字」で左揃えになりました。「タブマーカー」は{Tab}挿入個所の次の文字(右)の揃え位置を示しています。なおタブマーカーより右側で{Tab}キーを入れると、通常通り既定のタブ単位(今は11字単位)まで寄せられます。