02章05節…段組みはセクション単位でなされる(理論) – Online無料パソコン教室

02章05節…段組みはセクション単位でなされる(理論)

02章05節…段組みはセクション単位でなされる(理論)

今、文書全体を段組み化しました。

今度は赤字と青字の部分だけを2段組みにする予定です。

どのようにすればよいのでしょうか?

段組みは、そのままだと文書全体に対して設定されます。

しかし文書を「セクション区切り」という区切り記号により「セクション」という単位で区分けした状態にすれば、独立したセクションに対してのみに段組み化の設定をすることができるのです。

段組みは「セクション」単位でも設定可能なのです。

今回は赤字と青字の部分のみ独立したセクションとし、そこを段組み化します。

「セクション区切り」を入れれば、上から[セクション1][セクション2][セクション3]となります。そして[セクション2]だけに「2段組み」の設定をすればよいのです。

次節で実際に操作しましょう。