§08-02…コネクタでキャンバス内の図形を連結する – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

§08-02…コネクタでキャンバス内の図形を連結する

(1)描画キャンバス内では図形「コネクタ」を使って図形同士を連結できます。今回は「カギ線コネクタ」を使います。

(2)コネクタを選択時は、図形の周囲/内部にポインターを近づけると黒いポイント(・)が表示されます(上下左右)。使用のコツとしては「親の図形のポイントから子の図形のポイントへドラッグ」することです。「社長」の下中央のポイントにポインターを合わせましょう(ポイントが出現したらそこで止める)。

(3)「副社長」の上部までドラッグし、黒いポイントが表示されたらドラッグを終了します。

(4)ドラッグを終了した際に、緑ハンドルが表示されれば成功です。図形間の中央で線が折れています(白ハンドルの場合は失敗/ドラッグで黒ポイントまで寄せなおす)。

(5)「社長」から「専務」、「社長」から「常務」と「カギ線コネクタ」を2本引きましょう。「親から子へ」と引くのがコツです(あとで配置/整列は可能)。