このページの短縮URL(リンク用) 第12章:変換対象の文節を変える – オンライン無料パソコン講座 | PCセミナー

第12章:変換対象の文節を変える

12章01節…文節とは

「~の」「~が」「~は」「~を」などを1つの単位とした言葉のブロックを「文節」といいます。「私の鉛筆が折れた」は「3文節」です。「ね」を入れても意味がおかしくならないかどうかで判断ができます。 (私の「ね」、鉛筆が「ね」...

12章02節…文節が2つ以上ある文を入力する・文節区切り

(01)「メモ帳」を起動し、「ひらがな」モードで「むかしのおもいで」と入力・変換しましょう。 (02)文節が2つ以上ある言葉を変換すると、自動的に「文節区切り」という処理がなされます。文節単位で言葉が区切られ、各文節に下...

12章03節…まとめ

複数の文節がある単語を一度に入力して変換すると、パソコンが勝手に「文節区切り」をします。 [変換]は太下線が引かれた文節に対してしかできません。他の文節を変換するには太下線を移動させる必要があります。 太下線がある文節を...